アトピー性皮膚炎に子供がかかると、ステロイド治療が中心になることが多いようです。大人になれば治ると、言われることも多いんです。対処療法でなく原因治療をしなければ完治は難しいんです。アトピーは腸の免疫異常から起こることが分かってきています。免疫異常をどの方法で正常にするか、いま注目されているのは、身体のゆがみをとる骨盤矯正を中心とした、矯正技術なのです。

知られざるアトピーと腸の関係

アトピー性皮膚炎は皮膚だけの病気だと思っている人が意外に多いようです。確かにステロイド軟膏で症状を一時的に抑えることは、非常に大切なことです。医学は、薬学とともに優れています。

人間の身体の働きは、複雑で精巧にできています。痛み止めは、モルヒネ(鎮痛剤)を使いますが、人間は、痛いと感じることで、脳の働きで、モルヒネの何倍もの鎮痛効果のあるホルモンを分泌します。痛み止めばかり飲んでいると、患部の回復が遅れるのは、薬の鎮痛剤によって脳に感知させないからです。

アトピー性皮膚炎は、免疫異常によって起こることは知られてきています。一部医師によって、免疫内科で治療しています。それも、アトピーが免疫異常だということからしている訳です。

腸が何故免疫異常を起こすのか?ここが大きなポイントなのです。
腸に限らず、片頭痛などは、額関節、頚椎の歪み。生理痛や卵巣の機能低下は骨盤の歪みが多くの原因といわれています。

今や矯正の分野は大きな可能性を秘めている技術です。

病院に行ってもなかなか改善が見られない人や、もちろん、今悩んでいる人など、詳しく知りたい方は

アトピーは腸の免疫異常、骨格のゆがみからおこります。

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの病気ではありません。子供のアトピーは大人になったら治る。とよく言われます。

皮膚病としての対処法は、やはりステロイドに頼るほかありません。その治療法を続けなければならないのが現状です。

それは、皮膚のみの治療になっているからなのです。皮膚のみでなく、アトピー性皮膚炎がどうしておこるのか原因を理解する必要があります。

身体の内臓である腸は、多くの免疫(抗体)を作っています。腸など、(内分泌)の働きに異常がでると、免疫異常の症状の一つのアトピー性皮膚炎が出てしまいます。

腸などの働きを正常にすることは、アトピーに限らず、身体の健康にとっても重要なことです。

腸の働きを正常にするために、臨床15年で20万人の患者さんを治療した実績のある先生がいます。

アトピー性皮膚炎をもっと詳しく知りたい方は、ご覧ください


詳しくはこちら







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。