アトピー性皮膚炎に子供がかかると、ステロイド治療が中心になることが多いようです。大人になれば治ると、言われることも多いんです。対処療法でなく原因治療をしなければ完治は難しいんです。アトピーは腸の免疫異常から起こることが分かってきています。免疫異常をどの方法で正常にするか、いま注目されているのは、身体のゆがみをとる骨盤矯正を中心とした、矯正技術なのです。

アトピーは腸の免疫異常、骨格のゆがみからおこります。

アトピー性皮膚炎は、皮膚だけの病気ではありません。子供のアトピーは大人になったら治る。とよく言われます。

皮膚病としての対処法は、やはりステロイドに頼るほかありません。その治療法を続けなければならないのが現状です。

それは、皮膚のみの治療になっているからなのです。皮膚のみでなく、アトピー性皮膚炎がどうしておこるのか原因を理解する必要があります。

身体の内臓である腸は、多くの免疫(抗体)を作っています。腸など、(内分泌)の働きに異常がでると、免疫異常の症状の一つのアトピー性皮膚炎が出てしまいます。

腸などの働きを正常にすることは、アトピーに限らず、身体の健康にとっても重要なことです。

腸の働きを正常にするために、臨床15年で20万人の患者さんを治療した実績のある先生がいます。

アトピー性皮膚炎をもっと詳しく知りたい方は、ご覧ください


詳しくはこちら









広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。